8月の徳田ですどうもどうも。「くだらない」とか「しょーもない」なんていう基準は無いんです。あらゆる質問・ご相談に、丁寧かつ大胆に答えるための、軽やかな仕組み。「継続サポーター」にしか伝えぬ音声には、なんらかの直接役立つ情報も含ませたいと考えております。加えて、音楽の進捗も。定額サブスク問題解決箱、だと考えていただくとちょっと嬉しい。浅はかなデジャヴさ。

テレビやネットで配信側・放送側に文句があるなら放送見るな!と思いますか?

2020/08/02 11:21

そうですね、嫌なら見なければいいと思います。
嫌でも見続けなければならない理由なんてないでしょう、北朝鮮じゃないんだから。


自分で数ある中から選択して自分から見ておいて、「とにかく気に入らねえ」って文句つけるやつって、自分を何様だと思ってるんですかね。

しかもタダで見てるものに対して「気に入るまで改善を要求する」って、程度の差はあれ異常者でしょう。

「気に入らない」「文句を言いたい」は、「感想」なんですよ。
感想を持つのは自由ですから、どんな感想を持ってもいい。

だけど「感想を持たせる」は、言い方を変えれば「感情を動かす」ということですから、それは発信する側、テレビやネット側の、最大の目的なんです。

その意味では、クレームは大事な「反応」なわけで、過度だと犯罪ですけど、とってもありがたい「しっかりかじりついて見てくれてた証拠」なんですよ。

だから、ちゃんとした人は、ちゃんとしたリテラシーを持っている人は、「文句が頭から離れなくなるほど見ない」んです。

勝手に浮かんでくる感情を呼び起こさせるために、あらゆる番組は心血を注いで作られてるわけですから。笑いがあれば怒りもある。

その、自分の勝手な感情を正義と勘違いして文句を言うようなら、テレビもネットにとっては「とてもいいお客」。

それを解決してあげて安心させてあげると、のちのち何でも買ってくれる上客に転じる可能性すら、秘めているわけですから。

「味に文句があるならその食堂に行くな!」には「その通り」って思いますよね。

なのにテレビやネット番組に関しては「発信する側がそれを言っちゃいけない」みたいなしたり顔をする人が、わりとたくさんいる。

タダで見てる分際で、おかしいですよ。

「来週も、見てくださいね〜」が刷り込まれすぎて、自分の方がえらいと勘違いしちゃってるんでしょうね。

でも「文句言いながら見る」っていうのも娯楽のひとつですから、「見るな!」とは思わないですね。

「文句言いながら見つづけろ!」でいいんじゃないでしょうか。

ギフトサポートする

Tokuda_Shinya

ギフトサポート、は、その時々のダイレクトな励みになります。100円〜10,000円まで。10,000円以上は絶対に絶対にお断りしています。

コメント

継続サポートするとコメントを閲覧、投稿することができます。

その他の投稿
アルコールに逃げてしまう人は精神的に脆いですか?
徳田さんは芸人になる時にご家族から反対はありましたか?
また、もしお子さんが芸人になると言ったら反対しますか?
徳田さんは今まで何回くらい徳井さんに間違えられましたか?
徳田さんはバンドを組んでた時に音楽性の違いで対立することはありましたか?
臨床心理士と話す機会があったのですが、その人が言うには「〇〇〇という嫌がらせを受けるかどうか不安だ」というのは「自分がその〇〇〇をするような人だから〇〇〇という嫌がらせを受けるかという不安が出るわけで、そういうことをしないような人は最初から○○〇を思いつきもしない」とのことでした。
徳田さんはこの意見に同意できますか?できませんか?