鼻と口に何かを流し込まれたら、
命に関わる。

目と耳に自動的に流し込まれる情報で、
人は死んだりしない。

だが影響を、受けないわけがない。

「流し見」で手に入る情報は、
加工された、
方向性が決められた、
恣意的なものであることが多い。

自分が自分から、
一つでも能動的な過程を経て得たものは、
血肉となり得る。

「名声は人を空虚な場所へ連れていく」。

「人気の虜」になり、
「数字に翻弄」される世界に生きて、
見失うものの数々。

限られた、
見えているものの奥で光っている、
不尽の法則性は何か。

縛られた、
塞ぎがちな人生の底で瞬いている、
不朽の定理とは何か。

ほがらかであることで、
解決すること。
直情的であることで、
毀損するもの。


目指すは、

渇愛の滅尽か。
抽象度の極大化か。

徳田神也の、ゴールデンルール。 について

ゴールデンルールをあなたに。きらびやかなるも、かそけき暮らしの補助線。

継続サポート

月額継続サポート会員(500円/月)だけしか視聴できない限定動画や音声を配信。ぜひ試し登録をば。安い高いの問題ではない!いや、安い!!

最近の投稿